エントリー

お喋りなジョグ鳥さん 寡黙なジョグ鳥さん

いつもは
朝4時台にする
心静か三昧ですが
今朝は寝坊しまして
朝6時から30分間

4時台だと
ほとんど
無音状態
なんですが
6時からだと
鳥の鳴き声が
かまびすしい

いろんな鳥が
にぎやかな声で
庭を埋め尽くしてます

おしゃべりな鳥さん達

ジョグ鳥の皆さんも
参加者の声で
たくさんおしゃべり
していただいてます

でも中には
寡黙なジョグ鳥さんも
いらっしゃいます

静かに
自分の中で
思いを
噛み締めてらっしゃる

そんなときは
あんまり
声を聞き出そうと
しないようにしてます

ただ黙って
その場を共有してる

そんな時間もあります
そんな空間もあります

そんな時空も
やっぱり
ジョグトリップの庭

お喋りなジョグ鳥さんも
寡黙なジョグ鳥さんも
この庭に舞い降りて
心地よく気持よく
楽しみの種をたくさん
ついばんでいただけますように

参加申込

”ジョグトリップな生き方”をやってみよう!?

ひとりジョグトリ中
ふと言葉が浮かんだ

ジョグトリップな生き方

あっ
いいかも

ジョグトリップの三要素

  1. 急がない
  2. 競争しない
  3. 行程を楽しむ

例えば

本を読むのが遅かったら
グッドジョグトリッパー賞

いつも食べるのが遅いから
グッドジョグトリッパー賞

仕事が遅いと言われたら
グッドジョグトリッパー賞

出世が同期で一番遅かったら
ベストジョグトリッパー賞

誰も表彰してくれなかったら
自分で自分を表彰してあげる

おめでとうございます!

特に心がけたいのは

  1. 行程を楽しむ

本を読むにしても
食事するにしても
仕事するにしても
出世するにしても
行程を楽しんじゃう
じっくり楽しんじゃう

楽しみは
ゴールだけじゃないんだよ

たどり着くまでが
もっと楽しいんだよってね

ジョグトリップな生き方
今日からちょっとだけ
やってみようか!?

参加申込

そうだ僕らにはジョグトリップがある!

ワクワク系の
講師がやってる
ポッドキャスト

今朝の配信で
こんなこと
おっしゃってました

テンパったときや、逃げ出したくなったとき
そんなときのコツがある
それは、日常から隔絶された時空間を持つこと
例えば私がやってる瞑想もオススメ
5分でも10分でも有効という研究結果も出ている
いろんなアプローチ、それぞれの人のバージョンがあるけどもね

うわぁビックリ
これって
私が毎朝やってる
心静か三昧だぁ!

やっぱり
効果あるんだぁ

いいことは
人に教えなきゃ

でもなぁ
いきなり
瞑想とか
心静か三昧とか
言ってもなぁと
思ったら

あっ
そうだ
僕らには
ジョグトリップがある

テンパったとき
逃げ出したくなったとき
そんなときのコツ

日常から隔絶された時空間
ジョグトリップに
浸かりに来ること

あなたらしいアプローチ
あなたのバージョンで
お楽しみください

参加申込

ジョグトリライブツアーへようこそ!

きのう
ひとりジョグトリ中
いつもの耳学してて
”ライブ”という言葉が
耳に残りました

そうかぁ
そうだよなぁ
ジョグトリップは
ライブだよなぁ

いつも
動いている

走っている
歩いている
食べている
喋っている
聞いている

コース上は
ライブ会場

いろんな
コスチュームで
いろんな
リズムで
いろんな
調子で
歩を刻んでる

ライブでは
楽しんだほうが勝ち

ジョグトリップも
楽しんだほうが勝ち

皆んなが楽しめるように
ライブ会場を設営するよ

年間24公演の
ジョグトリライブ
パフォーマンス!

参加申込

ジョグトリップで強くなる!

以前は
参加者の声で

いい練習になりました

と言われると
ちょっとがっかり
してました

ジョグトリップは
練習かぁ〜ってね

でも
がっかりすること
まったくないんだ

むしろ
すばらしいことなんだ
ジョグトリの価値なんだ

思えるようになりました

ジョグトリップは
力を使い果たす
大会じゃない

むしろ
力をつける
強くなる大会

皆さんを見てて
そう思います

ジョグトリップに
継続参加されてる方は
すごく
力をつけてる
強くなってる

速くなるとは
よう言いませんが
確かに
強くなる

それは
間違いないと
思います

練習大歓迎!

ジョグトリップで
栄養をつけて
強くなって

そして
羽ばたいてください!

ワクワク系の実践、それがジョグトリップ!

一週間前から
ワクワク系の
勉びを始めました

先生が講義してる
DVDを音声化して
ジョギングしながら
聴いています

きのう
それを聴いてて
ちょっと違和感

”ワクワク感”について
こう話されてました

ワクワクとマラソンは随分異質なものなんだけど、うちの会員でマラソン愛好者の人がいて「頑張ってゴールに飛び込むと心に湧き上がってくるものがある」っておっしゃるんです。
私にもどうですかって勧められるんですけど、私は快楽主義者なので絶対にやらない。

立ち止まって
考えてしまいました

普通の人の常識は
こんなものなのかぁ

  • 走るのはツライ
  • 走ってもワクワクしない
  • 頑張って走るものだから
  • ゴールの瞬間は感動かも
  • でもその途中は苦しい
  • 快楽主義者は絶対やらない

ふと
参加者の声を
思い出しました

普通のマラソン大会は最後のゴールの瞬間は楽しいけど、途中はツライ。
ジョグトリップは途中も楽しめるのでいい。

ゴールの瞬間の
感動を目指して
キツイ思いして
走りつづける

私も味わったので
その感動は
よくわかります

でも
ジョグトリップは
参加者の声のとおり
途中を楽しむんです

なぜかというと
ゴールの瞬間だけじゃなくて
走っている途中も楽しいから

走っている途中も
感動を味わえる
ワクワク系マラソン
それが
ジョグトリップ

いい発見を
いただきました

いい学びが
できてます

ユーティリティ

2017年11月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

HOME
新着情報
ジョグトリップとは
大会スケジュール
大会の様子
参加者の声
参加申込フォーム
開催要項
よくある質問
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
モバイル・スマートフォン版について

Feed