エントリー

マラソン・トレーニング!

以前
ワープする言の葉で書いた
いまさら気づくテンポのズレ

きのう
平戸市図書館に行ったら
いい本みつけました

もう一度基礎から
始めたい人の
ドラム・レッスン
drumlesson.jpg

もう一度どころか
初めて基礎から
始めたい人が私

CDも付いてます


見てたら

リズム・パターン耐久レース!
「マラソン・トレーニング」

という章があって
CDに合わせて
10分間ひたすら
ドンタンドンタンと
叩き続ける練習

鉄則があって
①絶対にパターンを変えない
②手癖フレーズを出さない
③フィルインは入れない

持久力とキープ力をつける

CDを聴いてみると
バックで
ベースとか
ギターとかが
入れ替わり立ち替わり
様々なフレーズを
繰り出してくる

それをバックに
ひたすら
同じパターンを
刻み続ける

これって
本当に
マラソン!
ジョグトリップみたい!

めぐる景色をバックに
ひたすら
ゆっくり
走り続ける

これは
たぶん
私に合っている

さっそく
やってみました

10分間は
長く感じましたが
意外と気持ちいい

バックのフレーズと
ドラムのリズムが
ハマる瞬間
シンクロする瞬間
すごく気持ちいい

ジョグトリップでも
走りと風景が
シンクロする瞬間
ありますもんね
すんごく
気持ちいい瞬間

これは
続けていけそう
また新たな
習慣ができそうです

対称性〜シンメトリー〜

きのうから
新しいこと
ふたつ
はじめました

ひとつめ
「対称性」〜シンメトリー〜
レーダーマンが語る量子から宇宙まで
読書開始
symmetry.jpg

ふたつめ
小さな写真展
「ジョグトリップ/風景との出会い」
展示開始
shasinten.jpg

写真展の写真配置が
シンメトリーに
なってます

意識して
そうしたのかと
問われれば
たぶん
意識してない

結果
そうなった

もしかしたら
無意識のうちに
シンメトリーに
配置したのかも

「対称性」は
こんな文章から
はじまってます

対称性はどこにでもある。
対称性は、自然がデザインした無数のパターンのなかに具体的に表現されている。
美術品、音楽、舞踊、詩、建築物などで対称性は重要な要素であり、しばしば中心的な、あるいは決定的な主題である。
「対称性」p.11より引用

センスがあれば
ちょっとくずして
散らばるようにしたり
題字を斜めにしたり
できるんでしょうけど
いかんせん
センスがない

なので
シンメトリーに
頼ったのではないかと
自分のことながら
推察するわけです

結果
なんとか
人様に
お見せできる
ミニ写真展に
なったのではないか
と思っています

ところで
ジョグトリップに見る
対称性〜シンメトリー〜
ちょっと考えてみました

思い浮かびません

もしかしたら
ジョグトリップは
対称性の破れ
なのかも
(リンク:wikipedia

ジョグトリップでは
小さな揺らぎが
無限に発生して
対称性を破っている
のかも

そう考えたほうが
楽しい
面白い

あなたにとって
ジョグトリップが
小さな揺らぎを
たくさん
感じる
体験できる
場でありますように

 

数限りないハッピーエンド

きのうから
聴き始めた
オーディオブック
「感動のつくり方」
その中に
こんな言葉が
ありました

数限りないハッピーエンド

忘れないように
evernoteに
メモメモ

ジョグトリップで
数限りない
ハッピーエンドを

参加者も色々
ハッピーも色々
だけど
だから

そんな
色々な
あなたが
笑顔で
ゴールして
幸せな気持ちで
帰路につく

そんな
ジョグトリップに
したいです

願いごとはうまくかないます

ジョグトリカーの
CDプレイヤーに
ずっと入れっぱなしで
ちょくちょく聴いていた
CDなんですが

聴くたびに
気になる歌詞があって
こんな歌詞

願いごとはうまくかなわない

せっかくいいCDなんですが
お蔵入りにしてしまいました

なにかに取り掛かるには
なにかを実行に移すには
なにかを成し遂げるには
エネルギーが必要

心のエネルギー

E=mc2
エネルギー=質量✕光速2

量子力学の分野の中に
人の心は光ではないか
という仮説があります

光は
整数倍の素粒子
その波はいくらでも
重ね合わせることが
できます

それを使って
レーザーポインターとか
DVDプレーヤーとか
電子顕微鏡とか
できてます

光は
重ね合わせることで
いくらでも
強力にできる
エネルギーを
大きくできる

心の正体が
光であれば
その波の
始点を合わせて
波長を合わせて
重ね合わせれば
光の束になって
強いエネルギー
になってくれる
はず

コヒーレントな状態
coherent.jpg
リンク

なので
できるだけ
好ましい心の波を
増幅するものに
触れていたい

できるだけ
好ましい心の波を
打ち消すものに
触れていたくない

なので

願いごとはうまくかなわない

この歌詞は
うまくそぐわない

いい歌なんですけどね
いい声なんですけどね

ジョグトリップに
取り掛かるには
ジョグトリップを
実行に移すには
成し遂げるには
心の波を
コヒーレントな
状態にしておく

そしてその
コヒーレントな
好ましい
心の波は
振動を繰り返して
ご参加の皆さんと
同調しているはず
かな?

グッドジョグトリッパー賞を取りたいなら

きのう読了した
「素粒子物理学を楽しむ本」
soryuusi.jpg
対談形式で語っていく本
終わりの方に
こんな言葉が

南部先生の仕事からは「今、目の前の謎を大事にして、それを解決しなさい」というメッセージを感じるな。
〜「素粒子物理学を楽しむ本」199ページより

目の前には
謎がいっぱい
不思議がいっぱい

なにこれ?
どうして?
どうやるの?

それを大切にして
本を読んだり
人に訊いたり
検索かけたり

その中でも
一番楽しいのは
人に訊くこと

人に訊いて
話を聴いて
納得したり
同調したり
質問したり

こちらが
聴くことで
話が深まる
こともある

その人が
持っているもの
だけじゃなくて
意識しないもの
隠れているもの
それらのものが
話し手の中から
浮かび上がったり

そんな会話は
聴き手にとっても
話し手にとっても
幸せな会話
幸せな時間

同じ本に
こんな言葉も

「ノーベル賞を取りたいなら、南部の横に座っていろ」といわれたとか。
〜「素粒子物理学を楽しむ本」198ページより

ジョグトリップで
皆さんそれぞれが
会話を楽しんでもらえたら
うれしいなぁ

そして
私にも
お話を
聴かせてください

ノーベル賞は
取れないけど
グッドジョグトリッパー賞を
参加の皆さんと
わかちあえれば
うれしいです
ありがたいです

初詣三社参りジョグトリップで学んだこと二つ

きのうの
初詣三社参り
ジョグトリップ
大会当日の朝に
中止を決定して
皆様に御迷惑を
おかけしました

もう少し早く
判断をしていればと
反省しております

早い段階での
決断の必要性
実感してます

実は
準備の段階で
もう一つ
実感した
ことがあります

道案内のライン引きで
案内ポイント毎に
ジョグトリカーから
ライン引き機を降ろして
ポイントまで数歩
えっちらおっちら
片手で運ぶんです
ライン引き機

このところずっと
足指付け根着地で
走ったり歩いたり
しているので
自然にその着地で
ライン引き機を
持ち運んでました

そうすると
重さをあんまり
感じることなく
運べてることに
気づきました!

土踏まずのバネが
重さを
吸収してくれている!

私にとっては大発見!

ちょっと重いものを
運ぶというと
地に足全体を着けて
運ぶものだと
思ってたのに

なんとまぁ
足指付け根着地で
軽やかに
踊るように
持ち運べる!

もし
踊るように
ライン引き機を
持ち運んでいる人を
見かけたら
私だと思ってください

皆様の
暖かい
言葉と
気持ちに
感謝

ありとうございます

ユーティリティ

2017年05月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

HOME
新着情報
ジョグトリップとは
大会スケジュール
大会の様子
参加者の声
参加申込フォーム
開催要項
よくある質問
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
モバイル・スマートフォン版について

Feed