エントリー

「因縁」と「因」と「縁」

因縁(いんねん)という
言葉があります

あんまりいい意味では
使われません

前世の因縁で
とか
因縁をつけられる
とか

今朝は
この言葉を
見直してみましょう

因縁=因(いん)+縁(えん)

因=事物を生じさせる原因
縁=その外的要因

私たちは
縁により
○○という父と
△△という母の
間に
生まれてきました

これは
私たちの意思では
ありません

縁です

そのうち
縁により
周りの人と
かかわります

そのうち
自分が選択する
選択せざるを得ない
機会が出てきます

その機会に
ある選択をして
行動に移します

これが
因です

あなたの行動が
原因となって
周りの人や
周りの環境が
ちょっと
動きます

その
ちょっとした動きが
周りにとって
そして
あなた自身にとっても
縁となります

縁は
何の前触れもなく
あなたの目の前に
現れることもあります

例えば
西日本新聞に載っていた記事
本土最西端神崎鼻訪問証明書

これは
何の前触れもなく
私の目の前に現れました
これは
縁です

この縁から
佐世保市観光課に
電話を入れてみました
これは
私が生じさせた
因です

市の担当者から
九十九島ジョグトリ参加者に
訪問証明書発行
させていただきます
との返事がありました

これが
佐世保市観光課との
縁となりました

その縁から
佐世保市内が拠点の
ジョグトリップを
後援いただけるように
なりました

この経緯を
佐世保市観光課から見れば

西日本新聞との
縁があって

訪問証明書の記事を
西日本新聞に提供するという
因を生じさせたら

私からの電話という
前触れもなく現れた
縁が生じて

それを快諾するという
意思表示をすることで
因を生じさせて

という風になります

因と縁が
くるくる
行ったり来たり
しながら
社会は
回っている
ようです

だから
大切にしたい
因(いん)と縁(えん)

私からすると
ジョグトリップを開催して(因)
皆様と知り合えた(縁)

皆様からすると
ジョグトリップに参加して(因)
参加者同士知り合えた(縁)
あみりんと知り合えた(縁)

大切にしていきたい
因縁(いんえん

鼻の頭を見てみる!

けさ
三昧してて
気がつきました

あれっ
おかしいな
鼻の頭が見えてない

私たちの視界は
二つの目によって
ほぼ180°見えている
ようだ

なのに
自分の鼻が見えてない

自分の鼻の位置には
何もないように見える


ちょっと意識してみると
視界の下方に
鼻の頭の影らしきものが
ぼんやり浮かんでいる

そこで
人差し指を
まず目前に見て
その人差し指を
鼻の頭に持っていく

あっ!
見えた!

この
見えたのは
人差し指か
鼻の頭か?

人差し指を
慎重に
鼻の下へ
移動してみる

今度こそ
鼻の頭が見えた!

こうまでしないと
自分の鼻の頭が
見えない
見えてこない

一番近くにあるのに
見えてこない
見えないもの

たとえば
私たちの足

すばらしい
移動の道具
私たちの足

ジョグトリップで
すごくゆっくり
歩くように
走っているようでも

すごく
移動している

あそこの山から
もうここまで来たのか!

でも
あんまり
私たちは
自分の足の
ありがたさを
有り難さを
感じていない

あらたて
自分の足を
自分の体を
見直してみたら
ようく
観察してみたら

私たちは
すごい才能を
持っていることに
気づくかも

今の今まで
気づかなかった
見えてこなかった
私たちの
すごい才能
すばらしい才能

ハウステンボスホテル責任者から聴いた興味深い話

ハウステンボス大村湾
ジョグトリップで
ホテル責任者の方から
興味深い話を伺いました

ホテルスタッフが
お客様と帯同して
移動する際には
体の右側
お客様に向けるように
指導される

それを聴いて
なるほどぉ~と
思いました

カウンセリングでも
カウンセラーは
クライエントに対して
右顔を向けて
90度の位置に
座ったほうがいい

法華経の中でも
求法者たちが
合掌しながら
仏の周りを
右回りに回る
場面が出てきます

すべて共通しています

人に対する際
相手に対して
自分の右顔
向けること

そうすることで

相手に対して
敬意の念を示せる
圧迫感を減らせる

これって
ちょっと
役に立つ知識

あなたも
今日から
使ってみませんか?

そして
もし
相手が
あなたに対して
右顔を向けていたら
あなたに対して
敬意を払っている
のかも?

あれっ!
これ書いちゃったら
ジョグトリップで
話するときに
右顔を向ける
位置争奪戦が
始まっちゃうかも!

まぁ
それはそれで
楽しいかも!

あなたは元々すばらしい人!

二廻り目の
法華経読書中

その中で
シャーリ=プトラが
ブッダに
詩で語りかける場面

シャーリ=プトラは
山野を歩き回りながら
こんな考えに沈んでいた

ああ、わたしは邪悪な考えにだまされていた。
汚れのない教えを同じに受けながら、この世において、将来、最も勝れた教えを人々に説くことはないであろう。
三十二の吉相はわたしから消え失せ、皮膚の金色もまた消え失せた。
力も、苦悩からの解放も、そのすべてが失われた。

さらに

そののち、わたくしの意図を知られた仏は、わたしを誤った思想から離脱させるために、「さとり」の境地を語られました。
誤った思想のために生じた一切の過誤から解放されて、わたくしは「空」」の教えをさとり、こうして『わたくしは「さとり」の境地に達した』と考えました。
しかし、真の「さとり」の境地をさとったのではありませんでした。

そしてさらに

神々と世間の人々の面前で、最も勝れた「さとり」に到達すると予言されて、わたくしは今日「さとり」に到達しました。
以上、岩波文庫「法華経」上p139,p141

元々
生まれる前から
汚れのない教えを
わたしたちは
受けている

三十二の吉相も
皮膚の金色も
力も
苦悩からの解放も
元々
備わっているもの

ただ
それらが
この世で
消え失せた
失われただけ

そして
教えをさとり
「さとり」の境地に達した
と考えたのだが
まだ
真の「さとり」の境地を
さとってなかった

「さとり」に到達すると
予言されて初めて
真のさとりに達した

と言うのです

元々
すぐれた
すばらしい
特質を持って
生まれた私たち

ただそれが
消え失せただけ

その過誤から解放されること
それを自分で理解すること

そして
それだけじゃなくて

元々持っていた
すぐれた
すばらしい特質が
人々の面前で
予言されること
認められること

その大切さを
語っている

そう
読みました

自分自身を
すばらしい人だと
確信して

その上で

目の前の人を
すばらしい人だと認め
「あなたはすばらしい人だ」
と表明する

これを書いていて
ロジャースの言う
カウンセラーの基本的態度と
一致していることに
気づきました

基本的態度3つ

  1. 自己一致
    カウンセラーがうわべを飾ったり見せかけの態度ではなく、ありのままの自分であること
  2. 無条件の肯定的配慮、受容
    相手をそのまま受け入れること
  3. 共感的理解

なるほどぉ~と
納得したところです

以上
長々と
おつきあいいただき
ありがとうございました

10分間の心静か三昧

今朝の
ワープする読み物は
お休みします

お休みして
これから10分間
心静かに
三昧します

あなたも
いかがですか

10分間の
心静か三昧

きのうはジョグトリ活動しない一日でした

きのう
地元の行政機関に
ジョグトリ渉外活動
やりかけましたが
どうも調子が悪い
どうも調子がおかしい

地震の影響なのかも

なので
活動しない日と決めて
庭の草むしり三昧
私本太平記の耳読書三昧

うまくいかないときは
動かないこと

動かないのも
方策のひとつ

動かないものを
無理に動かそうとしたら
摩擦が生じます
軋轢ができます

ジョグトリップは
地元の皆さんの
ご理解とご協力があって
開催できてます

地元の皆さんの
ご理解とご協力
それを念頭に置いて

摩擦が軋轢が
生じないように

自然に
水が流れるように
活動していきたい
そう思います

ジョグトリペースで
ゆっくりと!

ユーティリティ

2017年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

HOME
新着情報
ジョグトリップとは
大会スケジュール
大会の様子
参加者の声
参加申込フォーム
開催要項
よくある質問
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
モバイル・スマートフォン版について

Feed