エントリー

きょうはジョグトリ渉外活動の日!

きのう
11月大島シリーズの
ジョグトリ渉外活動
しようかなぁと
思いましたが
雨が降ってきそう

なので
きのうは
なさない日

エネルギーをためる日

実は毎朝
心静か三昧で
こころの
エネルギーを
充填してます

けさも
ぼぉ〜っと
心静か三昧

こころの
エネルギーを
充填していきます

ウィ〜ン
ウィ〜ン!
ウィ〜ン!!
あみりん
エネルギー
充填完了!

きょうは
ジョグトリ
渉外活動の日!

12月大会に向けて
いってきま〜す!

ゆっくりめが性に合っている!

毎日
なにかしら
オーディオブックを
聴いています

いま
聴き直しているのがこれ
超速!日本史の流れー原始から大政奉還まで

通常の1倍速で聴いてたけど
どうにも頭に入らない

よく理解&把握できない

なので
0.75倍速で聴いてみたら
なるほど〜!と
理解&把握できてきます

わたしの場合
なにごとも
ゆっくりめが
いいみたい

そんな
あみりんが
主催してるから
ジョグトリップは
ゆっくりめ

速く走ることで
つかめるものも
あるでしょう

そして
ゆっくり走ることで
つかめるものも
あるでしょう

それが
ジョグトリップ

生月島ジョグトリップ
参加者の声で
こんな声もありました

  • 時間を競わないのが、私に合っている!
  • 観光・寄り道・牛さんとの会話!

いろんな価値観があります

ゆっくり
たのしく
時間を競わず
牛さんと会話して

そんな価値観があります

ゆっくり走るから
すばらしい!

そんな価値観が
広がればいいなぁ

これぞジョグトリ!を目指して

きのう
この本を読んでいて
道徳感情はなぜ人を誤らせるのか
こんな文章に出会いました

次々と情報を加味することにより徐々に正解へと近づく<ベイズ確率>の手法は、(後略)
〜「道徳感情はなぜ人を誤らせるのか」より引用〜

ああっ
これって
意識せずに
やってることかも

最初から
これが正解!
というものは
ありません

もしかしたら
正解っていうもの
自体が
ないのかもしれません

より
正解に近いもの
より
正解らしきもの

そんなものを求めて
いろいろやってみて
いろいろ考えてみて

次々と
情報を加味することにより
徐々に
正解へと近づく

ジョグトリップも
それらしきことを
やってます

いろんな場所で
いろんな時期に
大会を開催し

ジョグトリッパーズの
声を聴きながら
ジョグトリッパーズの
様子を見ながら

コースを見直し
時間を見直し
オアシス食を見直し

次々と
情報を加味することにより
徐々に
これぞジョグトリ!
っていうのに
近づけていってます

貴重な
ありがたい
参加者の声なんです

思いが実現しちゃうジョグトリップ

先日の
生月島ジョグトリップ
大雨の天気予報でした

でも
なぜか
わたしの
ぼぉ〜っとした
思考のなかに
雨の大会模様は
出てきませんでした

ぼぉ〜っと
しているとき
浮かんでくる
もの
こと

それは
もしかしたら
当ったり〜!
かも
しれません

思考は現実化する

云われますが

3億円当たれ!

一生懸命思考しても
なかなか現実化しません

なんといいましょうか

ぼぉ〜っとしたときに
浮かんでくる思考は
現実化する
現実化しちゃう

ぼぉ〜っとしてても
頭のなかに
浮かんでくるくらい
あることに
熱中してる
夢中になってる
状態&常態

ぼぉ〜っとしてても
浮かんでくる思考
それは
あなたにとって
わたしにとって
現実のもの
実現しちゃうもの

そんな気がします

生月島ジョグトリップも
皆さんの思いが
わたしの思いが
実現しちゃって
大雨の予報にもかからわず
いい感じのくもり空!

おかげで
いい景色を
楽しんでいただけました

ありがとうございました

コピペできないジョグトリップ

法華経を読んでると
まったく同じ文章を
何回も繰り返してる
ところがあります

一回目の読書では
軽くスルーしてましたが
二回目の読書では
そこもしっかり
読んでます

この
繰り返し出てくる
まったく同じ文章を
人は
読誦して
書写して
伝えてきたんですね

現代人だと
コピペしちゃいます

繰り返しの文章が
何十行あろうとも
コピペしちゃえば
一瞬で処理できます

でも
これは
読書したことにならない
書写したことにならない

繰り返しの文章を
読書することこそ
書写することこそ
貴重な体験になる
んじゃないかなぁ

ジョグトリップは
コピペできません

自分の足で
自分の体で
走り歩きます

自分の目で
自分の肌で
風景を感じます

自分の判断で
自分のお小遣いで
ワープします

その軌跡は
その人だけの
貴重な体験です

コピペできない体験

これから
もっともっと
大切になるはずです
貴重になるはずです

平安時代の美女の基準!

平戸図書館で借りた本
さかのぼり日本史⑨平安

そのなかに
こんな解説があります

ここで注意しておきたいのですが、平安時代の女性の魅力を語る際、容貌については実はあまり重視されていません。
当時の、いわゆる美女の三大要素とされるものは、まず教養があること。
これは漢文が読めるということとほぼイコールです。
ただし、漢文が読めたとしても、それを人前でひけらかすことは、「はしたない」こととして忌み嫌われました。
二番目の要素が、和歌が上手なこと。
そして最後が、長い黒髪を持つことです。
〜NHKさかのぼり日本史⑨平安より引用〜

へぇ〜
へぇ〜
へぇ〜

連打したいくらいです

歴史物を読む目が
変わってきそうです

二重まぶたとか
お目目ぱっちりとか
鼻筋くっきりとか
唇のふくらみとか
あごのラインとか
ほんの見た目で
美女!
きれい!
かわいい!
なんて
感じてる
現代人の私が
アホみたいです

人類は進歩してる
ように見えて
実は
退化してるのかも
しれません

”わたし”の本体は
”かお”じゃないはずです
”からだ”じゃないはずです

”わたし”の本体は
”こころ”のはずです

”わたし”の本体
”こころ”を
じっと見つめれたら
いいのになぁ〜

さらに
目の前の
”だれか”の本体の
”こころ”を
じっと見つめれたら
いいのになぁ〜

ジョグトリップ体験が
”あなた”の
”からだ”だけじゃなくて
”こころ”を見つめる
きっかけになったら
いいのになぁ〜

ユーティリティ

2018年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

HOME
新着情報
ジョグトリップとは
大会スケジュール
大会の様子
参加者の声
参加申込フォーム
開催要項
よくある質問
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
モバイル・スマートフォン版について

Feed