エントリー

速く走ること ゆっくり走ること

 ジョグトリップ参加資格に「ゆっくり走れる方」と謳っていますが、これは人間の本能に反することじゃないかと実は思っています。
 人間はいうまでもなく動物の一種。猿人→原人→新人(ホモ・サピエンス)と進化してきた。その過程で、生存していく過程で、具体的に言えば食料を得る過程で、戦いは避けられない。他の肉食動物との戦いもあれば人間同士の戦いもある。
 そして、その戦いを勝ち抜いた種だけが生き残ってきた。この強烈な種の体験が現代人に影響していないわけはない。
 過去や周りや自分を振り返ってみてください。思い当たることがたくさんあるはずです。
 日々戦い。
 いつも他人と比較して勝ち負けにこだわる。身内とよそ者を区別して身内には甘くよそ者には厳しく当たるのも、集団として生き抜いていくための方策。
 人よりも上位に立ちたいという衝動は本能だし、そこを認めておいたほうがいい。自分の中でも、家族でも、他人でも。そうすることによって、少し楽になります。
 そして、速く走ることについて。
 獲物のある場所に早く到達するため、襲ってくる獣から早く逃げるため、そのためにも速く走ることは必要だった。
 速く走ろうとするのは本能なので、止められない。だからマラソンでも、タイムを競い、順位を競う。
 でも、もうそろそろ気づいてもいい頃です。戦い競争する必要は、少なくとも今のところ、ないと。
 非常に恵まれている環境に私達は生きています。恵まれている時代、恵まれている地域、恵まれている国。ものすごくラッキー。文字通り「有り難い」。
 この恵まれている環境を享受してみよう、というのが、実はジョグトリ精神の根っこにあります。
 「ゆっくり走っていいんですよ」「のんびり景色を楽しんでいいんですよ」
 でも、なかなか本能が許してくれない。ついつい速く走ろうとする。ついつい人を追い抜こうとする。
 なので、速い方の制限時間を設定し、ゆるくゆるくゆっくりゆっくり走ってもらう努力をしています。私の役割は、ついつい速く走ろうとする皆さんを後ろから綱で引っ張ること、なんです。
 「ベストジョグトリッパー賞」、制限時間の中で一番遅くゴールされた方に送られる称号。この賞は、綱引きの最後尾にいる重い人の役割を果たしています。安心してゆっくり走るための重石なんです。一番えらいひと。
 あれやこれや、意外と工夫してるんですよ。おわり。

ゴールの後のまったり会話空間

 ジョグトリッパーの皆さんは、それぞれ自分のペースで走ったり歩いたりしてゴールインされます。 
 速いほうの制限時間より早くゴールインされて「すみません。調子がよくて、ついつい速く走ってしまって」と弁解される方も、ひとりでコツコツ走り続ける方も、賑やかにおしゃべりしながらの方も、一人で参加されて走っている間に友達になる方も、他の人のフォローに気を使うベテランの方も、駅のほうから現れるジョグトリ精神にあふれた方も、ひそかに最優秀ジョグトリッパー賞を狙ってペースを調整する方も。いろんな走り方で皆さん楽しまれてます。
 そして、ゴール。
 表彰式も閉会式もない大会なので、あとは帰るだけ。拘束するものはありません。
 でも、多くの方がその場にたむろして、仲間や他のジョグトリッパーがゴールするのを待っています。
 その間に、コースのこと、食べ物のこと、今度出場するマラソンのこと、昔の思い出話、共通の知り合いのこと、四方山話が皆さんから出てきます。
 この情景を眺めるのが私のひそかな楽しみです。別に聞き耳を立てているわけじゃないんです。ただただ、まったりとしたのんびり空間を眺めているだけです。
 平和だなぁ。いい参加者に恵まれているなぁ、といつも思っていて、こんな空間を提供できていることに誇りを感じます。
 これもジョグトリップの価値のひとつだと、確信を持って言えそうです。

 あっ、みんなそうしてくださいと言ってるわけじゃないんですよ。普通にふらりと来て、ふらりと帰っていく方ももちろんいらっしゃって、そんな方もまた好きです。どちらかというと、私がそのタイプ。拘束されるのが苦手な方なので。

速い方の制限時間導入の経緯

 2012年4月15日、転機がやってきました。その年の博多唐津ウルトラ。速い方の制限時間導入です。

 一般にも少しずつ知られるようになったからでしょう、この大会にも「速い」ランナーが登場しました。フルマラソンを2時間台で走り抜けるランナー。
 すごい勢いでスタートしていく姿を見て、最初は「おふざけかな」と思ったんですが、冗談じゃなく速いことがわかりました。
 コース案内のライン引きやエイド設置が間に合いません。軽ワゴン車で超速ランナーの背中を必死に追いかけました。
 なんとかゴールには間に合いましたが、振り返って気づきました。なぁんだ、速いランナーにはエイド補給は不要だったんだ。
 そして、その超速ランナーはリピーターにはなってくれませんでした。
 参加者名簿を見ていただくとわかるんですが、ありがたいことに、ジョグトリップにはたくさんのリピーターさんがいらっしゃいます。でも、超速ランナーはリピーターにはなっていただけない。
 そんなことが2回ありました。
 悩みました。
 おそらく超速ランナーは満足されてないだろう。でも、その方にも合わせた運営をしていたら、この大会を存続していけない。でも、参加申込いただいたからにはサポートしなくちゃいけない。でも、でも、でも。
 一ヶ月悩んで、逡巡して、ようやく決断しました。
 おそらく日本初、もしかしたら世界初?速い方の制限時間導入。
 案ずるより産むが易し。参加者の方も受け入れてくれているみたいで、何もなかったように自然に、ゆっくり走る方を中心とした大会運営ができてきました。
 いま思うと、超速ランナーさんのおかげなんですね。彼らの想定外の走りによって、この大会の意味、意義、存在価値をはっきりすることができた。感謝です。

ジョグトリップの生い立ちもお読みください

ジョグトリップの生い立ち

 私、網本裕之の思い出話になることをお許し下さい。 
 40歳を目前にした頃のことです。当時の職場に駅伝チームがありまして、同僚たちが地元の駅伝大会に参加していました。そのころから写真が趣味でしたので、「ひとつみんなの走っているところを撮ってみるか」と思い立ち、ほぼ全区間を車で回り望遠レンズで撮りまくりました。その日の打ち上げにも呼ばれて酒を飲み、いい気分。「どうしてわざわざ走るのか?」「車で行けばすぐじゃないか」などと戯言を言いながらも、「オレも走れるかもしれない」と思い始めてました。
 実際走り始めたのはそれから間もなくでした。
 妻の実家までの1kmにも満たない道を走って、ゼイゼイ言ってましたっけ。そのうち3km走れるようになり、5km、10kmと距離を伸ばしていきました。
 それなりに走れるようになったころ、これからどう走ればいいのか、駅伝部員でもある元陸上部の人に訊いたら、「タイムを縮めるようにしていった方がいいですよ」と言われました。その時、私は「それはきっと違う」と直感的に思ったんです。価値観の違いに気づきはじめた分岐点だったのかもしれません。私は距離を伸ばす方向に行きました。
 ハーフマラソンからフルマラソン。走るなんてことに全く縁のなかった私が走ることに目覚めてしまい、九州各地のマラソン大会に参加しはじめました。周囲の驚きの目ったらなかったですね。
 大会のコース上から薄型デジカメで大量に撮った写真を「ジョギフォト天国」と名づけたサイトにアップしてたのがこの頃です。走るのが楽しみなのか写真を撮るのが楽しみなのかよくわからないという、今に通じることを当時からやってたんです。
 当時はマラソンを走りながら写真を撮るなんてことは非常に珍しかったので、「ランネット」の特集ページに取り上げられたり、それなりに盛り上がっていたんですよ。
 で、どうやらウルトラマラソンという100km走る大会があるらしい、と知るようになります。「走ってみたい」「でも自信ない」「参加料が1万円を超えちゃうし」と逡巡した挙句、「それなら自分で作ってしまえ」となっちゃったんです。ここがまた分岐点だったんですね、いま思えば。
 2004年の春、「ジョギフォト天国」のサイト上で「勝手にウルトラin平戸」と銘打って、平戸一周100kmの告知をしました。「どなたかいっしょに走りませんか」と。
 残念ながらその時は反応が皆無。一人で走るのもつまらないし、結局取りやめとしました。ここから、トライ&エラーが始まるんです。
 気を取り直して「もうちょっと短い距離なら、もし誰も集まらなくても自分一人で走れるかな」と思い、開催したのが「スーパーマラニック50in平戸島」。2004年11月14日のことでした。
 命名は、当時脱サラしたばかりのランザローテ田中店長。マラニックという言葉もその時初めて知りました。
 参加者は私を含めて5名。長崎県から3名、熊本県から1名、そして東京から1名。この5名はその後も大会の中核となりました。
 数年後「橘湾岸スーパーマラニック」を立ち上げる阿部さん、ウルトラ界のスーパーレディ澤田さん、何度も平戸生月をいっしょに走った東島さん、4回にわたって東京から毎年参加し続けてくれた福田さん、そして私。
 よくこのメンバーが集ったもんだと思います。ある意味奇跡かもしれません。
 それから長い歴史が始まります。2007年には、「嬉野武雄街道」「おぎようかん」「松浦フル」「平戸街道」「松浦伊万里街道」「平戸島」と、今につながる大会が揃い始めました。
「駄マラニック」を最初に謳ったのは、2009年2月15日の「長崎街道嬉野武雄路駄マラニック」。 
 そして、2015年5月、「ジョグトリップ」と名前を改めリニューアルしました。
 10年以上に渡り皆様に愛されてきたこの大会たちは、私にとっても宝物です。大切に大切に育てていきたいと思っています。今後とも、よろしくお願いいたします。

速い方の制限時間導入の経緯もお読みください

ページ移動

ユーティリティ

2017年12月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

HOME
新着情報
ジョグトリップとは
大会スケジュール
大会の様子
参加者の声
参加申込フォーム
開催要項
よくある質問
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
モバイル・スマートフォン版について

Feed