エントリー

イノベーターとしてのジョグトリッパー!

平戸市図書館で借りて
毎日少しずつ読んでる本
「そして最後にヒトが残った」
その中の一節

生物学的なイノベーションが、中心部ではなく周辺部の集団で最も頻繁に生じることは、これまでも繰り返し指摘してきた。

うふふふふ

もしかしたら
ジョグトリップって
ジョグトリッパーって
この
周辺部の集団なのかも

中心部には
東京マラソンとか
いろいろ
メジャーな大会があって

タイムを競う
一生懸命に走る
コース通りに走る
という価値観があって

その周辺部に
新しい価値観の
イノベーション
ジョグトリップ

ジョグトリッパーの
あなたは
とっても
イノベーター!

イノベーター【innovator】
革新的商品やサービスなどをいち早く受容し支持する人々。革新的採用者。
(広辞苑より)

ジョグトリップにそそのかしてます!

法華経の中に
面白い表現が
ありました

世尊が
すぐれた弟子を
褒め称える場面

(前略)四種の会衆をそそのかし、鼓舞し、かれらを奮起させ、かれらの心を勇みたたせる人であり(後略)

「そそのかし」!

そそのかす【唆す】
①よくない行動をするように、おだてたり誘ったりする
②その気になるように勧める。促す。
(広辞苑より引用)

おもしろいなぁ

わたしも
皆さんを
そそのかして
いるのかも!

ジョグトリップって
おもしろいよ!
たのしいよ!
あなたならできる!
って
おだてたり
誘ったり
その気になるように
勧めたり
促したり

皆さんを
そそのかして
鼓舞し
奮起させ
皆さんの心を
勇み立たせて

ジョグトリップで
幸せな気持ちに
なってもらえたら
うれしいなぁ

世界文化遺産登録から除外される田平天主堂ですが

けさの新聞に
載っていた記事

長崎教会群2資産除外へ

そのうちの一つは
平戸教会群めぐりJTで
最初に訪れた
田平天主堂

その雰囲気に
その佇まいに
感動をおぼえ
心静かな時を
共有できました

世界文化遺産から
除外されたことで
「地元落胆」と
書かれてますが
その記事の中で
田平天主堂の
信徒代表の方が
こう仰ってます

残念な思いはある一方、私たちが今まで維持してきた教会の価値や教会への誇りと、世界遺産になるかならないかは全く無関係。淡々と祈りの場としての日常を続けていきたい。

こういう思いで
祈りの場として
大切にされている

静かな感動をおぼえた
田平天主堂の佇まいは
地元信徒の方々の
こういう思いが
あるからこそ

来年も
平戸教会群めぐりJT
開催いたします

そして
田平天主堂をはじめ
宝亀教会も
紐差教会も
ザビエル教会も
めぐります

訪れさせて
いただきます

謙虚な気持で
敬虔な気持で
感謝の気持で

いろんな楽しみ方

きのう一日
博多唐津ウルトラJT

「ここで完走宣言」
初導入

唐津城下で
13名の
ジョグトリッパーが
完走宣言

気持よく
完走宣言されて
ニコニコ最高の笑顔で
完走状用の写真に写り
晴れ晴れとした表情で
帰途につかれました

また選択肢が一つ増えました
また楽しみ方が一つ増えました

唐津城下から宝当神社に渡って
宝くじが当たりますようにと
祈祷をしてもらった方

唐津から壱岐に渡り
海水浴をしてゴールした方

唐津城隣の高校に通学してて
この日も部活動中のこどもを
ご夫婦で走って訪れて
ご対面した方

いつも
ショートカットや
ワープしてたけど
今年初めて
コース通り
山を越え
自分の足でゴールした

キラキラ表情で語る方

ワープを存分に
使いこなして
みごとゴールする方

ワープしなかったよ

充実の表情で
ゴールする方

暑かった
キツかったと
言いながら
今年もきちんと
ゴールする方

それまで20kmしか
走ったことなくて
初参加して
80kmも
自分の足で走った方

虹の松原で
唐津バーガーを
食べた方

初ウルトラ挑戦で
自分の足で
初完走された
ベストJTrの方

参加者の方全員が
いろんな楽しみ方
いろんな走り方を
されました

それぞれの環境
それぞれの生き方
そのなかで
ジョグトリップに
それぞれの価値を
見出していただき
感謝しています!

ありがとうございます

「対称性」、四ヶ月で一回目の読書を終えました。ジョグトリと同じくゆっくりのんびり!

「対称性」
400ページを越える
量子から宇宙までを
比較的(^_^;)
わかりやすく
解説した本

けさ
一回目の読書終了

読みはじめが
1月28日だったので
リンク:対称性〜シンメトリー〜
約4ヶ月で
最後まで
たどり着きました

遅読です

ジョグトリップと同じ

ゆっくりゆっくり
一頁一頁を楽しみ
一歩一歩を楽しみ
先を急がず
出会う言葉と戯れ
出会う風景と戯れ
最後までたどり着く

ところどころ
意味不明の箇所は
ワープしちゃう!


あさってから
「対称性」
二回目の読書を
はじめます

この
二回目の読書が
おもしろい
楽しいはず

楽しいだろうなぁ

いまから
ウキウキ

サバンナ仮説!

「そして最後にヒトが残った」
遅読中

その中に
「サバンナ仮説」というのが
出てきます

ワシントン大学の生物学者ゴードン・オーリアンズは、異なる国の子どもたちにさまざまな生息環境の写真を見せるという独創的な実験を行ってきた。
その結果明らかになってのは、自分が育った場所に関する個人的体験が好みに反映する年齢になるまで、子どもたちは他のどの環境よりもアフリカのサバンナの写真を好んだということだった。
オーリアンズによるこの「サバンナ仮説」では、自分たちが進化してきた環境やその景観を好ましく思うのは、それが生物学的な特質として人間に染みこんでいるからだとされている。
人類はその歴史の大半の時間をサバンナで過ごし、そこで食料とすみかを見つけてきた。
過去一万年の文明生活も、この記憶を消し去ることはできなかったというわけだ。
〜「そして最後にヒトが残った」p.116より引用〜

タンザニアのサバンナ

この写真
タンザニアのサバンナ
こころ惹かれますよね

こんなところを
駆けまわりたい

そんな衝動に駆られます

タンザニアのサバンナには
なかなか行けないけれど

日本には
ジョグトリップがあります

ジョグトリップで
ゆっくりと
自然の中を
駆けめぐってください

ユーティリティ

2017年04月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

HOME
新着情報
ジョグトリップとは
大会スケジュール
大会の様子
参加者の声
参加申込フォーム
開催要項
よくある質問
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
モバイル・スマートフォン版について

Feed