エントリー

バランス崩しながら走るんだもんネ!

きのうの朝
ジョグしてて
改めて思いました

重心横移動ジョグは
やっぱり
重心横移動だけに
思いを馳せるべき!

ナンバ走り解説サイト読んで
実践しようとしても
なんだかしっくりいかない

なんでだろう?

やっぱり
楽にゆっくり走るには
重心横移動だけを意識する
お尻スイングジョグ


きのう
お尻スイングジョグ
やってて気づいたこと

重心を移動することで
バランスを崩しながら
体を動かしているみたい

なんというか
骨盤辺りが
溶けながら
体が動いてる感じ

芯はお尻

そして
芯のお尻以外が
崩れながら
その体の崩れが
原動力になって
走っている感覚

私にとって
体を動かす
バイブルになってる
”武術の根理”

けさ読んだ中に
こんな文章

武術(本来はスポーツもそうかもしれませんが)の場合には、この「ゆるませる」ことを繊細かつ大胆に、そしてゆるんだ状態のまま、ココロとカラダが一体化して動いているか等を観察しながら練習していきます。

そうそう
そんな感じ

ゆるんだ状態のまま
上半身と下半身が
一体化して動いて
心もその上で
気持ちいい〜

そして
BGMには
ベニー・グッドマン

どこまでも
行けちゃいそうな
お尻スイングジョグ!

重心横移動ランは”ナンバ走り”だった!?

博多唐津ジョグトリ
唐津城下オアシスで
のんびり語らい時間

その折に
ただいま実践中の
重心横移動ランを
語る機会がありました

ある参加者曰く

それって”ナンバ走り”ですよね。
”ナンバ走り”は無理があって長く続けられないらしいですよ。

するどい指摘

私も
重心横移動ランって
ナンバ走りのことかも
って考えてましたが
どうしても
整合性がとれませんでした

ナンバ走りの定義
左右同じ側の手足を同時に出す

これ
実際にやってみたら
ものすごく不自然
ギッコンバッタン

実は
指摘されたことって
私にとっての課題
だったんです

ところがこれが
一昨日の
重心横移動ラン中に
解決したんです

腕と足の関係を
意識して
走ってたら
わかっちゃいました!

これまでの常識だと
踏み出す足に
重心を掛けてました

これだと
左右同じ側の手足を同時に出して
ギッコンバッタン

これまで
踏み出す足に
思いを馳せていたので
踏み出す側の足と腕を
同時に出すって
思い込んでいて
ギッコンバッタン
だったんです

ところが
重心横移動ランは
地に着いている足に
重心を掛けることで
もう片方の足が
自由になって
自然と前に出る仕組み

つまり
地に着いている足に
=重心を掛ける足に
思いを馳せて
そして
同じ側の腕で
重心を
送り込んであげる

これを表にしてみると
こんな感じ

 

自由
着地
重心
 

上の表で言うと
右腕で重心を
右足に送り込む
そんなイメージ

私の中で
解決したので
なんとか
皆さんにも
わかりやすく
そう思いましたが
うまく説明できず
ごめんなさい

これからは
重心横移動ラン
改め
ナンバ走り!

ジョグトリテントにようこそ!

佐世保フル以降
スタートゴール地点に
ジョグトリ横断幕付き
テントを張っています

雨よけ風よけ日差しよけ
そんな目的でしたが
思わぬ効果が
あるみたい

なんといいますか
テント内にいると
落ち着くみたい

テント内に
テーブルを置き
長イスを並べて
くつろいだり
おしゃべりしたり

なんといいますか
”わたしのお家”
みたいな感じ

”いってらっしゃ~い”って
お家から送り出して
”おかえりなさ〜い”って
お家に迎え入れて
”あぁキツかった”って
くつろぎの空間
”ねぇどんなだった?”って
おしゃべりの時間

そんな憩いの場に
なっているみたい
ジョグトリテント

ちかごろは
テントの
設営と撤去も
皆さんの手を
お借りしてます

あっそっかぁ〜!
書いてて気づきました

運動会のテントみたい!

”がんばってね”って
送り出して
”おつかれさま”って
迎え入れる
運動会のテント
そんな感じかな?

having→doing→being!

けさ読んだ本の
中に出てきた
”beingの消費”
ということば

なかなか
感じるものが
ありました

曰く
”havingの消費”とは
車や家を所有すること

”doingの消費”とは
参加したり行動すること

”beingの消費”とは
大好きな私になること

いろいろ考えました
普通のマラソン大会と
ジョグトリップの違い

マラソン大会に参加するって
”doingの消費”ですよね

ジョグトリップに参加するって
もしかしたら
”beingの消費”じゃないかしら?

ジョグトリの場では
”あなた”や”私”が大事

”私”はどう走ったの?
”私”はどう感じたの?
”私”は何を移動手段に選んだの?

大好きな”私”に
なってもらう場
表現してもらう場

参加者の声を伺うのも
”私”の声が聴きたいから

定員を100人にしてるのも
それを越えてしまったら
”私”を大事にできないから

42キロを走ったあと
充実感もありますが
ちょっと寂しい思い
したことないです?

ゴールイン!
さようなら!
って
取り残された感じ

走る”doing”を達成したけど
なんかもの足りない感じ

”私”を充足できる場
”私”を表現できる場
大好きな”私”になれる場

ジョグトリップは
そんな場でありたいな

エキサイティングな愛読書三冊!

愛読書って
ありませんか?

現時点での
私の愛読書は
この三冊
愛読書三冊

毎朝
少しずつ
繰り返し
読んでます

おかしいほど
ジャンルの違う
三冊ですけど

この三冊が
相互作用を起こして
毎朝わたしを
エキサイティングな
気持ちにさせてくれます

上記三冊に限らず
いい本にめぐり会うと
その本を
じっくり
ゆっくり
読むことが
板についてきました

段落をゆっくり
文章をじっくり
単語をしっかり
読みこんで
噛み砕いて
いくつもの胃袋で
消化していく感覚

著者がかけた
時間と労力と知恵を
この段落から
この文章から
この単語から
読み取って
腑に落ちて

そんな読書って
味わい深いものです

ジョグトリップも
ゆっくり走って
風景や会話や観光を
味わい深く楽しんで
もらいたいなぁ

赤ん坊を抱くように胸をゆるめるんです!

先日
くるめマラソンに
参加しまして
重心横移動ランを
実験してきました

結果は上々
キロ6分のペースでも
重心横移動ランできる
ことがわかりました

その後
カッパ会長様のお誘いで
インドカレー屋さんで昼食

相席になった女性3人様と
お話する機会を持てました
モテたんじゃありません!

その中でちょっと
重心横移動ランの
布教活動(!)を
いたしました

重心横移動ランの
成立要件として
”胸をゆるめる”
ってあるんですが

育児経験のある
うら若き女性が
こうおっしゃいました

女性は赤ちゃんを抱くことが多いんで、ちょっと猫背気味になるんですが、そんな感じでいいんですか?

私はこうお応えしました

それは素質がありますね!

この話を思い出したのは
けさの読書タイムのこと

いつもの愛読書
”武術の根理”の中で
出てきたこんな言葉

赤ん坊を抱くような感覚で自分の腕や胸全体を相手に”添わす”ように用いると
p123より引用

すごぉい!
あのうら若き
育児経験のある女性は
胸をゆるめるという
身体感覚の本質を
表現されてたんですね

あれから3日経ってますが
いまさら思い返されること

お名前も連絡先も
伺ってなかったけど
ありがとうございました

ユーティリティ

2017年11月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

HOME
新着情報
ジョグトリップとは
大会スケジュール
大会の様子
参加者の声
参加申込フォーム
開催要項
よくある質問
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
モバイル・スマートフォン版について

Feed