エントリー

落ち着きがない私をじっと見つめる

私は子供の頃から
落ち着きが
ありませんでした

小学校の教室でも
妙に目立つことをしたり
とにかく
落ち着きが
ありませんでした

当時の通信簿にも
落ち着きがありません
と書かれていました

今でも
落ち着きがない
ところがあります

椅子に座っていると
つい
靴を鳴らしたり

つい
手まぜ
長崎の方言
手遊びのこと
したり

それを
意識して
じっと
自分を見つめて
少しずつ
直して
整えて
いってます

一つ一つの事に
集中して
専念して
落ち着いて
考えること
行動すること

わき見運転
手まぜ運転
しないこと

一つ一つの事に
集中して
専念して
落ち着いて
考えると
行動すると

その方が
効率的だと
気づきました

あれもこれも
手をつける
手まぜする
よりも

一つ一つ
片付けて
終わらせて
行くほうが

はやい
やすい
うまい

ジョグトリップも
一大会一大会に
集中して
専念して
参加者一人一人に
集中して
専念して
やってます

はやく走っちゃいけない
参加しやすい
オアシス食がうまい
ジョグトリップ

ビブラムにして身につきはじめた新しいいい習慣

ジョギングするのに
ビブラムを
履くようになって
靴を揃えることが
できるように
なりました

ビブラムは
5本の足指が
それぞれ
独立しています

なので
履くにしても
脱ぐにしても
ていねいに
腰を下ろして
履いたり
脱いだり
します

普段履きみたいに
シューズに
足を突っ込んで
トントントン
なんて
できません

腰を下ろして
ていねいに
履いたり
脱いだり
してるうちに
他の靴も目に入り
自然と
靴を揃える
ことになります

ビブラムにして
予想外の収穫
新しい習慣

脚下照顧に
一歩近づいたかな

いくらお湯で薄く割っても焼酎は焼酎!

きのう
晩ごはんを食べながら
クリアアサヒ500ml1本
お湯で薄く割った焼酎数杯
呑んで
寝入りばな
愛読中の法華経を
読み進めました
リンク:Facebook投稿


けさ
続きを読もうと思ったら
昨夜読んだ部分が
頭に残ってない!

そんなに酔っぱらっては
ないはずなんですけど
記憶に心に
受持できてないんでしょう

この本
このお経は
たぶん大衆本

教えを
わかりやすく
読ませるための
大衆本
そんな気がします

だから
比較的わかりやすい表現で
その表現を何度も繰り返し
少々読み飛ばしても
何度もその表現に当たる

さらに
繰り返すことにより
表現が
記憶に心に
染み渡っていく

そんな作りになっている
そんな気がします

せっかく読んだんですが
焼酎の後の読書では
表現が
記憶に心に
染み渡ってませんでした

本はしらふで読みましょう

ジョグトリップは?

そうですねぇ、、、
あなたにお任せします
ただ
飲酒運転は厳禁です

仕入れたらすぐ使ってみる!即是道場!

数日前に
即是道場という
言葉を仕入れました
リンク:即是道場ジョグトリップ!

きのう
それを
あちこちで
いろんな場面で
使ってみました

自分の部屋はもちろん
髪を切っている間に
信号待ちの間に
レジ待ちの間に
マツモトキヨシで清水注入中に
寸時の間に
即是冥想を
やってみました

私の場合
目をつぶらない
冥想なので
安全安心なんです
リンク:毎日の心の焚き火

なかなか
心地いいものです

もちろん
ジョグトリップでも
こっそり
即是道場
やりますよ!

5分でできる職場のストレスセルフチェック!

去年の12月から
職場のストレスチェックが
始まってます

なんじゃそれ
という方も多いかと
存じ上げます

なので
このサイトをご紹介
5分でできる職場のストレスセルフチェック
スマホ対応なので
気軽にできます

厚生労働省が提供する
デフォルトのチェックシート

おそらく
多くの職場で
このチェックシートを
採用するものと思われます

やってみると
わかりますが

ストレスの
元になるのも
人間関係

ストレスを
解消するのも
人間関係

退職する理由の第一位は
人間関係です

反対から見ると
仕事を続けていられるのも
人間関係です

ジョグトリップも
ジョギングイベント
であると同時に
私のなかでは
人間関係イベント
です

参加者同士
参加者家族同士
参加者と地元の方
参加者と私
地元の方と私
スタッフと私
家族と私

先日の
武雄嬉野街道でも
年配のご夫婦とその娘さんが
いっしょに参加されて
完走されて
いい思い出を作って
帰られました

それぞれの皆さんが
それぞれの思いで
それぞれの思い出を
持って帰れる

そんな
ジョグトリップで
ありますように

それだけでは現代人のように窒息をしてしまうんで

音声コンテンツ
南無の会
辻説法大全集を
拾い聴きしてます

ここ数日
繰り返し
聴いてるのは
松原泰道師の
「如是我聞」

そのなかで
こう仰ってます

呼吸というものは、目鼻だけではなくって全身で呼吸しているということだった。
私が言いたいことは、私たちは愚かにも五感だけで、目とか耳とか鼻だけで勉強しているんですけれど、それだけでは現代人のように窒息をしてしまうんで、全身でやはり学ばなければならないものがあるんじゃないんだろうか。

この言葉に
私が付け加える
言葉はありません

現代人のように窒息をしてしまう

そうか
現代人は
窒息している
のかも

全身で呼吸してください
@ジョグトリップ

ユーティリティ

2017年07月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

HOME
新着情報
ジョグトリップとは
大会スケジュール
大会の様子
参加者の声
参加申込フォーム
開催要項
よくある質問
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
モバイル・スマートフォン版について

Feed