エントリー

情弱な あまりにも情弱な そんな私たちだから

情弱という
言葉があります

Wikipediaによると

情報弱者。
僻地に住んでいたりITに関する知識がじゅうぶんでないために、放送やインターネットからじゅうぶんな情報を享受できていない人。

今朝は
情弱を
情報弱者を
反対の意味で
捉えていきたいんです

「私、涙に弱いんです」
の”弱さ”

人の涙
ドラマの涙
感動秘話の涙

そんな涙に
影響されて
引きずられて

何の関係もない
私たちまで
涙してしまう

そんな弱さ

Wikipediaから借りて言うと

放送やインターネットから
過剰な情報を享受しすぎて
そんな情報に影響されて
そんな情報に引きずられて
しまっている人

それが
今朝言うところの
情報弱者

「私、テレビに弱いんです」
=私、テレビに引きずられるんです

「私、ネットに弱いんです」
=私、ネットに引きずられるんです

”ナントカGO”なんか
その典型かも

”ナントカGO”だけじゃなくても
気づかないうちに
テレビに
ネットに
引きずられてる

そんな経験ありません?

私もあります

これだけ
テレビが
ネットが
普及してしまってると
影響を受けない
引きずられない
なんてとても無理

そんなとき
「ああ、影響を受けてるなぁ」
「ああ、引きずられてるなぁ」
そう確認すること

影響を受けている
引きずられている
自分を発見できれば
それは大したものです

あなたは
情弱から
一歩二歩
抜け出しつつあります

おめでとうございます!

郵便局員さんも頑張って営業してます

きのう郵便局で
公共料金やら
社会保険料やら
お支払い

そんな待ち時間
ボォ〜と
立ったまま
局内を眺めると
いろんな掲示物
いろんなポスター
いろんなものが
目につきます

いろいろ工夫されて
開発された商品
設計書を作るだけで
もらえる景品

窓口でも
声掛け運動中
「これ利用してみませんか?」

なんとか郵便局を
利用してもらいたい
そんな意図と気持ちで
いっぱい!

郵便局員さんも
なにかと大変です

皆んな
一生懸命
お仕事
頑張ってます

人様から
利用してもらえるって
すごく大変なこと

人様から
お金をいただけるって
すごく大変なこと

職業に貴賎なし
ほんと
そう思うんです

例えば
乞食も職業だと
思って見ると

何も売るものも
商品もないのに
お金を払いたい
そんな気持にさせる

究極の営業!
究極の自己演出!

みんな
いろいろ
大変だけど

頑張ってるね

ジョグトリップも
頑張るからね!

ポケモンGOよりジョグトリGO!

きのうの
ご来光ジョグトリップ

誰ひとり
ポケモンGOしてる人
いませんでした

当たり前
って言えば
当たり前

それどころではない
もっと楽しいことが
目の前にあるんだし
素晴らしい松浦の道
自分の身体との会話
ゆっくりだけど
しっかり楽しめる時間が
たっぷりあるんだモン!

ポケモンは
特定の場所に
いるわけじゃなくて
ポケモンGOアプリの
設定設計どおりに
あなたのスマホ画面に
登場しているだけのこと

どこかのだれかが
作ったプログラム
その手順に従って
操作しているだけ
操作させられているだけ

世界はもっと広いんだモン!

素晴らしい風景
楽しい会話
かけがえのない体験

スマホで
ポケモン発見も
いいけれど

もっと楽しい
ジョグトリップで
風景発見!
自分発見!

見っけモンの風景
見っけモンの”私”

天地さかさまにしてみる!

きのうの
お散歩ジョギング中
ふと
気になる風景

愛器のXQ1で
写真に撮りました

そして
天地さかさまにして
フェイスブックに
アップしました

それでは
見比べてみましょう!

天地そのまま天地さかさま

1枚目が正像
2枚目が逆像
被写体自体が水面に映る空なので
2回ヒネっていることになります

どちらの写真がお好きか
そもそもいい写真かどうか
それはわきに置いといて

天地をさかさまにするだけで
不思議な風景が見えてきたり
不思議な風景に見えてきたり

人間の視覚って
不思議というか
頼りないものです

本当に
見えているのか
疑わしいものです

なんでもないものを
ひっくり返すだけで
不思議なものに見えたり

むずかしいものを
ひっくり返してみると
なぁんだこんなこと!
って種がわかったり

ジョグトリップも
天地さかさまです

一番遅い人が一番偉い
○時間以上かけて走る

ジョグトリップという
あたらしい価値観

感覚がシャッフルされて
新しい自分が見えてくる
かも!

か・い・か・ん!

いつかはJeff Porcaro様!

ほぼ毎日十分間
ドラムスの基本練習
マラソントレーニング
やってます
リンク:マラソン・トレーニング!

ひたすら
十分間
8ビートを
刻みます

いつかは
Jeff Porcaro様の
真似をしたい!
その思いなんですが

やっていて気づいた
もうひとつの効用

これって
十分間心静か三昧と
似てるかも

無心になって
なれないけど
同じリズムを
同じ波長を
繰り返す

バックの音楽に合わせて
バックの環境音に合わせて
無心になって
なれないけど
十分間続けること

十分三昧
十分間続けること

なにか取り組もうと
思ってたら
とりあえず
十分三昧
やってみたら
どうでしょう?

例えば
十分間
ゆっくり
走ってみるとか!

夏の夜の宇宙旅行

昔から
眠れない夜には
宇宙旅行に行ってました

よし!
宇宙旅行に行くぞ!
と宣言して
うつ伏せになって
顔を左に傾けて枕の端に
左手甲を顎の下に
右手を伸ばして
思いは宇宙を漂います

小さな小さな
極小の私は
どこからともなく
宇宙に打ち出されて
宇宙を際限なく
どこかに向けて
漂っています

宇宙旅行してると
いつの間にやら
眠りにつけてます

この宇宙旅行
単なる空想と
思ってました

でも近ごろ
もしかしたら
この宇宙旅行は
私の記憶なのかも
って

この私という
からだに
たどり着くまでに
経験した記憶なのかも
って

懐かしい記憶
束縛なんてなくて
自由に漂っていた
懐かしい思い出

夏休みの思い出を
甘く思い出すように

眠れない夜に
広大な空間を
ゆっくり漂う
宇宙旅行

懐かしい
宇宙旅行の
追体験が
ジョグトリップ
なのかもね!

ユーティリティ

2017年07月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

HOME
新着情報
ジョグトリップとは
大会スケジュール
大会の様子
参加者の声
参加申込フォーム
開催要項
よくある質問
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
モバイル・スマートフォン版について

Feed