エントリー

コピペできないジョグトリップ

法華経を読んでると
まったく同じ文章を
何回も繰り返してる
ところがあります

一回目の読書では
軽くスルーしてましたが
二回目の読書では
そこもしっかり
読んでます

この
繰り返し出てくる
まったく同じ文章を
人は
読誦して
書写して
伝えてきたんですね

現代人だと
コピペしちゃいます

繰り返しの文章が
何十行あろうとも
コピペしちゃえば
一瞬で処理できます

でも
これは
読書したことにならない
書写したことにならない

繰り返しの文章を
読書することこそ
書写することこそ
貴重な体験になる
んじゃないかなぁ

ジョグトリップは
コピペできません

自分の足で
自分の体で
走り歩きます

自分の目で
自分の肌で
風景を感じます

自分の判断で
自分のお小遣いで
ワープします

その軌跡は
その人だけの
貴重な体験です

コピペできない体験

これから
もっともっと
大切になるはずです
貴重になるはずです

平安時代の美女の基準!

平戸図書館で借りた本
さかのぼり日本史⑨平安

そのなかに
こんな解説があります

ここで注意しておきたいのですが、平安時代の女性の魅力を語る際、容貌については実はあまり重視されていません。
当時の、いわゆる美女の三大要素とされるものは、まず教養があること。
これは漢文が読めるということとほぼイコールです。
ただし、漢文が読めたとしても、それを人前でひけらかすことは、「はしたない」こととして忌み嫌われました。
二番目の要素が、和歌が上手なこと。
そして最後が、長い黒髪を持つことです。
〜NHKさかのぼり日本史⑨平安より引用〜

へぇ〜
へぇ〜
へぇ〜

連打したいくらいです

歴史物を読む目が
変わってきそうです

二重まぶたとか
お目目ぱっちりとか
鼻筋くっきりとか
唇のふくらみとか
あごのラインとか
ほんの見た目で
美女!
きれい!
かわいい!
なんて
感じてる
現代人の私が
アホみたいです

人類は進歩してる
ように見えて
実は
退化してるのかも
しれません

”わたし”の本体は
”かお”じゃないはずです
”からだ”じゃないはずです

”わたし”の本体は
”こころ”のはずです

”わたし”の本体
”こころ”を
じっと見つめれたら
いいのになぁ〜

さらに
目の前の
”だれか”の本体の
”こころ”を
じっと見つめれたら
いいのになぁ〜

ジョグトリップ体験が
”あなた”の
”からだ”だけじゃなくて
”こころ”を見つめる
きっかけになったら
いいのになぁ〜

耳学問の再入門!

ずっと
iPhoneに
入れっぱなしで
ずっと
聴いてなかった
音声コンテンツを
聴き返してます

もう
10年くらい前に
聴いて
目から鱗が落ちて
世界が違って見えた
音声コンテンツ

ジョギングしながら
何回も
何十回も
何百回も
繰り返し
聴いていた
音声コンテンツ


よし
もうOK!
ということで
聴かなくなって
2年くらい


今回
久しぶりに
聴いてみて
まだまだ
目に鱗が残ってる
って
わかりました

いいコンテンツは
何回聴いても
聴けば聴くほど
わかってきます

あ〜なるほど〜

聴くたびに
わかってきます

いいコンテンツを
大切に!

ジョグトリップも
あなたにとって
いいコンテンツで
ありますように!

一本のヒゲから

毎朝剃っている
ヒゲなんですが
時々
ピョンと
すごく伸びている
一本のヒゲがあります

きのうの朝から
きょうの朝までに
すごく伸びている
一本のヒゲ

もしかしたら
奇跡のヒゲじゃないかしら
などと思いながら
剃ったり
抜いたり
します

ヒゲは
均等に伸びていかない

飛び抜けて
伸びるヒゲがある

自分の考えの中にも
飛び抜けて
伸びる思考があります

このことを考えてたら
いくらでも
アイディアが
湧いて出ちゃうんです!

わたしの場合
それは
ジョグトリップかも

いくらでも
アイディアが
湧いて出ちゃう!

あなたの
アイディアが
湧いて出ちゃうもの
ってなんでしょうか?

ヒゲは
剃ったり
抜いたり
しますが

アイディアは
思考は
剃ったり
抜いたり
しないで

しばらく
伸ばしておいてみると
おもしろいかも!

アイディアの
放置栽培

そのうち
庭一面に
アイディアが
花を咲かせているかも!

歴史小説はおもしろい

ちかごろ
歴史小説に
はまってます

読んでると
負けては退き
退いては力を溜め
また戦いに挑んで
また負けて

天下を取った人物も
三日天下の人物も
多くの武将も
たくさん負けて
死線をさまよって
部下を死なせて
またも立ち上がって

繰り返してます

読んでると
心強くなります

死線をさまよって
死さえもおそれず

それにひきかえ
わたしたちは
なんとのんびり
なんとお気楽に
世の中を渡って
いることやら!

ありがたや
ありがたや

此時、信長敦盛の舞を遊ばし候。
「人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか」
と候て、螺ふけ、具足よこせと仰せられ、御物具召され、たちながら御食をまいり、御甲めし候ひて御出陣なさる。
『信長公記』より

名場面ですね

下天の夢
夢まぼろし

夢まぼろし
なんだけど
夢まぼろし
だからこそ

夢まぼろしに
とりかかって
しちてんばっとう!
ななころびやおき!

下天の夢だからこそ
夢まぼろしだからこそ
いろんなことに
チャレンジするんだもんね〜!

いろんなことにチャレンジするから
チャンスをつかめるんだもんね〜!

今週は動きます!

先週は
お盆明けでもあり
じっと待つ週でした

今週は動く週

さっそく
きのうは

10月開催の
大会について
佐賀県警本部に電話

生月島ジョグトリの
温泉利用について
ホテル旗松亭でお話

そもそも
生月の海浜公園シャワーを
利用させてもらうはずが
できなくなって
代替の策として
たどり着いたのが
ホテル旗松亭

ルートを辿ると
平戸市生月支所
→平戸市観光課
→平戸観光協会
→ホテル旗松亭

おかげで
またひとつ
つながりが
できました

おかげで
これからの
平戸での
温泉利用に
新たな道筋が
できました

ものごとは
深いところで
進行していて

遠回りしている
ように見えても

実は
最も早い道を
たどっている

そんなことを
実感してます

ありがたいことです

ユーティリティ

2017年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

HOME
新着情報
ジョグトリップとは
大会スケジュール
大会の様子
参加者の声
参加申込フォーム
開催要項
よくある質問
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
モバイル・スマートフォン版について

Feed