エントリー

プールでウォーキング!一石∞鳥!

以前
マンスリー松浦
ジョグトリップで
K場さんが
裸足で
42キロを
完走されました

どんなふうに
走るんですか?
って訊いたら

つま先の方から
足をつく感じで
って答えてもらいました

よく考えたら
土踏まずのバネを
使う走り方ですね
義足のランナーと
同じ原理

へぇ〜っと思いましたが
自分にはできないなぁと
思ってたんです

でも
簡単に
自然に
身近に
その動きができる
環境があったんです
それがプール

きのう
二週間ぶりに
プールに行きました

もちろん泳ぐんですが
まだ未熟なので
なかなか
ずっと泳いでいられません

なので合間に
プールでウォーキング
します

ただ陸とは違って
水の抵抗もあるし
水深もけっこうあるし
かかと着地とか
できません

なので
つま先の方から
着地しないと歩けない

つま先着地
できました!

しかも
自然に

これはいい!
何がいいって
足の指を
使えること

シューズ履いて
かかと着地だと
足の指を使う感覚がない

でも
プールでウォーキングだと
意識して
足の指を使わないと
歩けない

いいなぁいいなぁ
すごく
自分の体に
いいことしてる感じ

一石二鳥
一石三鳥
もしかして
一石∞鳥の
プールでウォーキング体験
できました!

キティちゃん収納ボックスと献血センター定休日から導かれるもの

洋服の青山から
キティちゃんの
収納ボックスを
差し上げますという
ハガキが来てたので
一昨日行ってきました

カウンターで
キティちゃんの
収納ボックスが
出てくるまで
じっと立って
待ってたんです

他にすることもなく
視線は
左奥の小物コーナーに
行ってました

そういえば
いつも首から下げている
ネームカードホルダーの
透明窓が破れ始めてるなぁ

キティちゃんの
収納ボックスを
いただいた私
小物コーナーに
足が向きました

お財布やら名刺入れやら
あるなかで
一個だけ
瑠璃色の
ネームカードホルダーが
ありました
一個だけ

店員さんに訊くと
色違いも無く
これ一個だけ
とのこと

どうしようかなぁ
これまでしてた
焦げ茶色じゃないしなぁ

いったん
店を出ました
そして車のなかで
キティちゃんの
収納ボックスを
組み立てている間に
決意しました

よし
買おう


手元にあります

namecard.JPG

導かれるように買った品物
首から下げてみたけど
なかなかいい感じ

焦げ茶色のネームカードホルダーから
瑠璃色のネームカードホルダーに
チャレンジです

同じような体験を
ちょっと前にしてました

献血をするために
佐世保に出掛けたら
献血センター定休日
なぁんだぁと
思いましたが
せっかく
駐車場に車を停めたので
近くのくまざわ書店へ


そこでいい本を
見つけたんです
「詩人のための量子力学」
それがこれ

ryousirikigaku.jpg

少しずつ読み進めてますが
すごくわかりやすくて
すごくおもしろくて
すごく目からウロコ

導かれるようにして
手に入れた
私にとっての良書

なんとなく
気になって
視線を向けて
足を向けて
手に取って

もしかしたら
それが
新しい体験への
新しい発見への
入口かも

インターネットで
フェイスブックで
なにげなく
見かけた
読んでみた
触れてみた
ジョグトリップ

それが
あなたにとって
新しい体験への
新しい発見への
入口になりますように

導かれるように

安全にゆっくり走れるありがたさを感じてジョグトリップ!

西海市大島ジョグトリップ
楽しんでいただけたみたい
よかったぁ〜!

ベストジョグトリッパーの女性の方が
ゴールに帰って来られたのは
もうすっかり日も落ちて
夜の帳がおりたころ

「あみさ〜ん」と
両手を広げられたので
思わずハグしちゃいました
完走ハグ
おめでとうハグ
やったね!ハグ

ハグご希望の方は
「あみさ〜ん」と
両手を広げてください
私でよければ
グゥッとハグしますよ
何度もいいますが
私でよければ(^_^;)

暗くなっても
女性の方が
公道を走ってこれる

思えば恵まれてます

安全な日本で
きちっとした行政があって
治安がしっかり守られてて
住民のモラルもしっかりしてて

そんな環境だからこそ
ジョグトリップは
開催できてます

参加者の方に
安全安心に
楽しんで
ゆっくり走ってもらえる
土地柄
時代も

ちょっと他国に目を向けると
ちょっと七十年前を思うと

こんなすばらしい環境に
生きていることの
ありがたさを
有り難さを
感じることができます

せっかく
こんな恵まれた環境に
生まれ育ったんだから
楽しみましょう!
エンジョイしましょう!
心と体を
楽しませましょう!
感謝して。

不思議な不思議なことがあります

不思議なことがあります

毎朝ゆっくり
ひとりジョグトリしながら
いい風景に出会ったら
iPhoneのカメラで
写真を撮るんですが

いいなっと思って
iPhoneを構えた時
レンズを風景に向けた時
一発で構図が決まっている
ことが多いんです

何枚か写真を撮るんですが
いい構図に収まっているのは
最初にレンズを風景に向けた
瞬間の一枚なんです

不思議だなぁ
と思うわけです

きのう撮ったこの写真もそう

 

マンスリー平戸ジョグトリップのコース上です!

Posted by ジョグトリップ on 2015年10月21日

実はこの写真
暗い所も明るい所も
きれいに撮れる
Pro HDR X という
iPhoneアプリで
撮ってるんですが

撮った時は
逆光で
よく画面が
見えませんでした

でも
構えた瞬間に
撮ってみたら
いい構図になっている

この風景のほんの少し右には
電線を保護する黄色い筒がありました
その黄色い筒も見事に回避して
写真に撮ってるんですね

不思議としか
奇跡としか
思えないくらいです

量子力学では
すべてのものが
粒子でもあるけど
波でもあるらしい

すべてのものが
波であるとしたら

目の前の風景も波
私の心も波
私の体も波

波はお互いに
同調し合い
干渉し合い
影響し合う

もしかしたら
風景と心と体が
波となって
瞬時に
同調し合って
影響し合って
一枚の写真に
なっているのかも

ジョグトリップとは」のページに

自分の足で、目で、耳で、からだ全体で、風景を感じて走ってください。そこには感動が待っているはずです。サプライズの瞬間、あなたは風になります。


なにも意図せず
書いてました

でも
もしかしたら
言い当てているのかも

体の波が
心の波が
風景の波が
風になって
同調し合って
いるとしたら

気持ちいいはず
ですよね

気持ちいい風景
気持ちいい心
気持ちいい体
それが満ちて

もしかしたら
他人の波と
自分の波も
同調しているのかも

だから
感動が伝わる
のかも

理屈はともあれ、おいしいとこだけいただくのです!

私は
本来生来
文系人間
なんですが
なぜか急に
量子力学なんてものに
興味を持ちました

ミクロレベルでは
物質は
粒子という性質の他に
波という性質を持っている
らしい
光もそう
らしい

他にもいろいろ
ちょっと変わってて
面白そうなことが
たくさんある
みたい


量子力学の入門書を読むんですが
これが難解意味不明
変な記号がたくさん並んだ数式が
ズラズラズラ〜っと

なので
数式部分はすっ飛ばして
「日本語」で書いてある
結論だけ拾い読み

おいしいとこだけ
いただきます

きのうは
久しぶりに
外食しました

行きつけの
おいしいお店

食べたいものを注文したら
奥の方で
チャッチャッチャッと
調理されて
目の前に出てきます

私は
いろいろ考えずに
ただおいしく
食べるだけ

「いただきま〜す」と
おいしいとこだけ
いただきます

量子力学も
同じように
おいしいとこだけ
いただきます

研究の
理論の
数式の
結論だけ
成果だけ
果実だけ
おいしく
いただきます

それでいいんだ
と思います
思うしか仕方ない

私は
魚もさばけないし
計算もできないし

でも
おいしくいただくことは
できる

それでいいのだ

ジョグトリップも
おいしいとこだけ
いただいてくださいね

ガブリと
食いついてくださいね

挨拶は波のようにジョグトリップコース沿いに広がっている?

きのうの朝
ひとりジョグトリ
マンスリー平戸の
下方街道沿いの道

いつものように
挨拶励行
なんだけど

こちらが挨拶する前に
先方から挨拶がきた!
それも大きな声で

ちょっとびっくり
ちょっとうれしい

そんなことが
きのうだけで
三回ほどあった

うれしいできごと

挨拶は
波のように
広がるのかも

一つの挨拶が
波紋を広げて
挨拶を受けた人が
他の人に挨拶して
挨拶を受けた人が
また他の人に挨拶して

そんなふうに
挨拶の波が
だんだん大きく
波紋を広げて
伝わっていくのかも

知っておきたいこと
波紋が広がるためには
最初の波が起きないと
いけないこと

小さな波でいいから
最初の波を起こすこと

小さな波を起こすための
小さなエネルギー

小さくてもいいから
まず自分を動かす力

挨拶には力があります
まず自分から
「おはようございます」
「こんにちは」

ユーティリティ

2017年06月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

HOME
新着情報
ジョグトリップとは
大会スケジュール
大会の様子
参加者の声
参加申込フォーム
開催要項
よくある質問
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
モバイル・スマートフォン版について

Feed