エントリー

プールで「歩いて」きました!

 平戸のプールで歩いてきました。

 平戸市主催のスイミング講座に通ってます。
 毎回一時間。
 限られた時間。
 限られた課程。

 解き放たれて
 自由に泳いだら
 どうなんだろう?
 って思って
 きのうひとりで
 プール行きました。

 教えられたことが
 どれだけ身についているか
 クロールでゆっくり
 25メートル
 50メートル。
 息が上がります。
 まだまだだなぁ
 そりゃそうだ。

 で、プールの水の中を
 歩いてみました。
 いろいろ工夫しながら。

 発見があったんですよ。

 両手のひらをおヘソ周りにあてて、
 波を切りながら、歩く。
 ちょっと声を出してみました。
 「ん〜〜」と唸るような声。

 リズムをとって
 4歩のうち3歩を
 「ん〜〜」と唸り
 最後の1歩で息継ぎ。

 「ん〜〜」「ぱっ」
 「ん〜〜」「ぱっ」

 私のほかには誰もいないプール。
 自分自身に響き聴かせる唸り声。
 気持ちいい。

 そして気づいたんです。
 これを泳ぎに活かせないか。
 やってみました。

 リズムをとって
 4掻きのうち3掻きを
 「ん〜〜」と鼻から息を吐き
 最後の1掻きで息継ぎ。

 「ん〜〜」「ぱっ」
 「ん〜〜」「ぱっ」

 なるほどぉ〜。
 楽に泳げる気がします。
 わかったような気がします。

 歩きと泳ぎのフィードバック。
 ゆっくりジョギングにも
 応用できるかも。

 自分の世界を広げてくれる
 いい体験でした。
 ありがとう、いいプールです。

いい景色に持ち主はいない

 勝地は主なければ、心をなぐさむるにさはりなし

 私がちかごろハマっている鴨長明「方丈記」に出てくるフレーズです。
 「景勝地に持ち主はいないのだから、心を楽しませるのに何の支障もない」

 ほんと、そうですよね。
 いい景色に持ち主はいない。
 だから、気兼ねなく存分に楽しむことができる。
 不動産としての土地には所有権があるだろうけれど、風景や景色には持ち主はいない。

 勝地(しょうち)は主(あるじ)なければ、心をなぐさむるにさはりなし

 いい言葉だなぁと思います。
 いい景色、いい風景には持ち主がいないから、私たちジョグトリッパーも存分にそれを楽しむことができる。

 改めて思うと、ありがたいなぁ、うれしいなぁ。

ウォーキングとジョギング

 朝方、平戸のいなかの道のりをゆっくりゆっくりジョギングしてます。
 決して多くない人口密度、スカスカの人口密度ですが、ジョギングしてる方、ウォーキングしている方、いらっしゃいます。
 それぞれがそれぞれのペースで、それぞれのフォームで、それぞれの表情で、からだを動かしてらっしゃいます。
 いいなぁ、って思います。
 キチッとした、理にかなったフォームじゃないかもしれないけど、それぞれが自分なりに考えながら、工夫しながら、歩いている、走っている。
 人によってバラバラ。自己流。
 ほんと、いいなぁ、って思います。
 アスリートじゃないんだから。

 それぞれの楽しみ方。

からだとの会話ができちゃう!

 スイミング講座に通ってます。
 9月一ヶ月間だけ開催されている平戸市主催の講座。
 無料です。

 一日1時間、週2日、計8回のスイミング講座。
 けっこう、中身、詰まってます。
 すごく濃い中身。
 マンツーマンに近い感じ。

 適切で丁寧な指導のもと、
 上達しているのがわかります。
 上達している自分がうれしい。

 こんな感じで受講してます。

 コーチの方から指導される。
 言葉で指導されて、
 実際に見せられて、
 う〜んなるほどぉと、
 納得して。

 そして、
 イメージします。
 指導通り泳いでるイメージ。
 その通りできているイメージ。
 イメージトレーニング。
 イメトレ。

 泳ぐ前から泳げてる。
 そして、実際泳いでみると、
 意外と泳げちゃうんですよね。
 すごい!

 たぶん、からだとの会話。
 からだとの会話ができているんだと思う。

 で、どうしてからだとの会話ができるのか。
 たぶん、毎日ゆっくり走っているからだと思う。

 今日、調子いい?
 ちょっと疲れてるんじゃないの?
 いい感じで走れてるね!

 毎日からだと会話してるから、
 会話のバイパスができている。
 ハイウェイみたいなバイパスができている。
 ブロードバンド。

 やっぱりゆっくり走るって、
 すごくいいことなんだ!

 っていう、いつもの結論。

いい聴き手

 ときどき、あるところに話を聴いてもらいに行ってます。
 再就職支援センター。そこに、私のキャリアを支援してもらうために出かけて行って話を聴いてもらってます。無料でじっくり1時間。

 じっくり話を聴いてもらうことって、なかなかない。

 じっくり話を聴いてもらって、
 自分の気持を確認して、
 自分の気持を整理して、
 自分の気持を鼓舞して、
 帰ってきます。

 いい聴き手を持つことは大事。

 だから、
 だからこそ、
 自分も
 いい聴き手に
 なりたい。
 ものだ。

ひとりジョグトリの効能。そして図書館。

 なぜだろう。起きたすぐからモヤモヤ。

 しなくてもいい心配事で頭がいっぱいになった、昨日の朝。
 それを振り切るように、ひとりジョグトリに出かけました。

 やっぱり体を動かすって、いいですね。
 心配事が吹っ切れちゃう。
 「なぁんだ、こんなことか」
 「それよりも、あんな事やこんな事をやんなくちゃ」
 と、どんどん前向きになっていきます。

 ひとりジョグトリタイムは、私にとって大切な時間。
 何かが生まれる時間。
 何かと何かが化学反応を起こしてしまう、すてきな時空間。

 私の動く書斎「ジョグトリタイム」でアイディアを熟成したら、
 それを次の書斎「平戸市図書館(未来創造館)」に持っていって、パソコンという魔法の道具で具体化していきます。

 ありがたい世の中です。恵まれてます。

ユーティリティ

2017年07月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

HOME
新着情報
ジョグトリップとは
大会スケジュール
大会の様子
参加者の声
参加申込フォーム
開催要項
よくある質問
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
モバイル・スマートフォン版について

Feed