エントリー

ワクワク系の実践、それがジョグトリップ!

一週間前から
ワクワク系の
勉びを始めました

先生が講義してる
DVDを音声化して
ジョギングしながら
聴いています

きのう
それを聴いてて
ちょっと違和感

”ワクワク感”について
こう話されてました

ワクワクとマラソンは随分異質なものなんだけど、うちの会員でマラソン愛好者の人がいて「頑張ってゴールに飛び込むと心に湧き上がってくるものがある」っておっしゃるんです。
私にもどうですかって勧められるんですけど、私は快楽主義者なので絶対にやらない。

立ち止まって
考えてしまいました

普通の人の常識は
こんなものなのかぁ

  • 走るのはツライ
  • 走ってもワクワクしない
  • 頑張って走るものだから
  • ゴールの瞬間は感動かも
  • でもその途中は苦しい
  • 快楽主義者は絶対やらない

ふと
参加者の声を
思い出しました

普通のマラソン大会は最後のゴールの瞬間は楽しいけど、途中はツライ。
ジョグトリップは途中も楽しめるのでいい。

ゴールの瞬間の
感動を目指して
キツイ思いして
走りつづける

私も味わったので
その感動は
よくわかります

でも
ジョグトリップは
参加者の声のとおり
途中を楽しむんです

なぜかというと
ゴールの瞬間だけじゃなくて
走っている途中も楽しいから

走っている途中も
感動を味わえる
ワクワク系マラソン
それが
ジョグトリップ

いい発見を
いただきました

いい学びが
できてます

ページ移動

ユーティリティ

2017年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

HOME
新着情報
ジョグトリップとは
大会スケジュール
大会の様子
参加者の声
参加申込フォーム
開催要項
よくある質問
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
モバイル・スマートフォン版について

Feed