エントリー

挨拶のコツ

 おはようございます。
 挨拶してます?ジョギングしてるとき、すれ違う人に挨拶してます?
 ペースが速いと挨拶できません。「ざすっ!」になってしまいます。これは挨拶ではありません。
 ゆっくり走ってて挨拶して、向こうからも挨拶が返ってきたら気持ちいいものです。
 以前Facebookでこんな文章を読みました。
「こっちが挨拶してるのに、誰も挨拶を返さない。頭にくる」
 どう思います?
 この方はどんな声で、どんな表情で「挨拶」してるでしょうか?
 おそらく、怖い顔で、強い口調で「挨拶」してるのではないでしょうか。
 これでは、挨拶が返ってくるはずもありません。
 挨拶に見返りはいりません。こちらの「きもちいい」という都合で勝手に挨拶しているだけなんです。だから、向こうから挨拶が帰ってこなくても当たり前で、ただただ淡々とすれ違う人に挨拶の声を掛けるだけです。
 この心持ちが肝心です。
 この心持ちになって挨拶したらどんな声、どんな表情になっていると思いますか?
 おそらく、あなたは優しい声で、穏やかな顔で、挨拶しているはずです。
 そうすると、自然と(自然とです)向こうから挨拶が返ってくる確率が増えてきます。
 ですよね。当たり前ですよね。
 これを踏まえた上で、もうひとつ。
 私、実はおじさんなんです。おじさん。いやな表現ですが、おじさん。
 そのおじさんが、すれ違う若い女性に挨拶をするとき、やっちゃいけないことがあります。
 それは正面から見据えて直視すること。これをやると、怖がられます。気味悪いと思われてしまいます。ヘタすれば通報されます。イヤな世の中ですが、しかたありません。
 なので、直視しないこと。
 そして、あんまり接近して挨拶をしないこと。ビックリされますよ。
 「心理的距離」って知ってますか?関係の深さを表す4つの距離です。密接距離(0~45cm)、個体距離(45cm~120cm)、社会距離(120cm~360cm)、公衆距離(360cm以上)って、あるみたいです。
 公衆距離だと挨拶自体が伝わりません。個体距離だと近すぎます。
 社会距離(120cm~360cm)で直視せずに挨拶すると、気持よく挨拶できます。向こうも安心して挨拶を返してくれる、かもしれません。くれぐれも見返りを期待してはいけません。下心も厳禁です。

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

HOME
新着情報
ジョグトリップとは
大会スケジュール
大会の様子
参加者の声
参加申込フォーム
開催要項
よくある質問
お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
モバイル・スマートフォン版について

Feed